印刷 2022年01月12日デイリー版1面

無人運航船、小型観光船で離着桟。世界初。横須賀で実証実験

 日本財団は11日、無人運航船の開発実証プロジェクト「MEGURI2040」の一環として、トライアングルが運航する小型観光船「シーフレンドゼロ」を使用した無人運航の実証実験を神奈川県横須賀市の新三笠桟橋―猿島間で実施した。小型観光船を対象に離桟から着桟までを自動で実施する実証実験は世界初となる。コンソーシアム「無人運航船@横須賀市猿島」の代表である丸紅の武智康祐執行役員(航空・船舶本部長)は「日本… 続きはログインしてください。

残り:493文字/全文:691文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む