最新版_2022年の海上コンテナ輸送(満員御礼)
 印刷 2022年01月11日デイリー版4面

記者の視点/五味宜範】国内造船の再編・構造改革、M&Aで組み合わせ多様化

 昨年は、国内造船業界でのM&A(合併・買収)を含む再編、個社の構造改革の動きが活発だった。1月から大きな案件が始動。今治造船とジャパンマリンユナイテッド(JMU)による資本業務提携が実行され、商船の営業・設計合弁会社「日本シップヤード(NSY)」が発足した。これに関する記者会見が6日に開かれており、気分的に緊張した状態で新年が始まった。    ◇ その後も、発表済みの内容だが、三井E&… 続きはログインしてください。

残り:1060文字/全文:1249文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む