印刷 2022年01月07日デイリー版2面

石連・杉森会長、価格・供給の安定がCN移行期の課題。新年祝賀会を開催

 石油連盟は5日、東京都千代田区で新年祝賀会を開催した。杉森務会長(ENEOSホールディングス会長)は冒頭のあいさつで「足元の原油価格は1バレル=70ドル台後半と一時より落ち着いて推移するが、資源開発の投資縮小の流れもある。エネルギー資源の供給と価格の安定をいかに維持していくかが、カーボンニュートラル(CN)に向けてのトランジション(移行)期の最大の課題」と強調した。杉森会長は昨秋以降、政府… 続きはログインしてください。

残り:378文字/全文:569文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む