印刷 2022年01月06日デイリー版3面

年頭所感】鳥居伸年・近鉄エクスプレス社長、顧客のSC維持に尽力

 ■鳥居伸年・近鉄エクスプレス社長 新型コロナウイルス感染症は世界中で全く予断を許さない状況が続いている。先行きの予測が非常に困難のなか、各国の経済・社会活動の再開への動きが活発になることは間違いない。航空貨物輸送については、昨年と同様にスペース不足に見舞われるとみられる。海上輸送は今夏の北米西岸港湾の労働協約更新が、港湾業務に大きな影響を及ぼすことが懸念されている。2022年も… 続きはログインしてください。

残り:260文字/全文:452文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む