印刷 2022年01月06日デイリー版2面

モーリシャス座礁】懲役20カ月の判決。船長・1等航海士

 2020年夏に発生したモーリシャス沖でのケープサイズバルカー「WAKASHIO」座礁事故を巡り、同国の中級裁判所が昨年12月27日、同船の船長と1等航海士に懲役1年8カ月の有罪判決を下した。07年商船法に基づき、船舶の運航を危険な状態に陥らせたことが理由。「WAKASHIO」を保有・管理していた長鋪汽船グループ(本社・岡山県)が12月28日に明らかにした。… 続きはログインしてください。

残り:91文字/全文:183文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む