Rightship webiner
 印刷 2022年01月06日デイリー版5面

年頭所感】日本海事協会会長・坂下広朗、包括的認証サービス展開

 2021年は、変異株を含めた新型コロナウイルス感染症の影響が継続しました。困難な状況にあって、経済と人々の暮らしを支えるべく、円滑な物流の確保に献身を続けられておられる皆さまへ心から感謝申し上げます。本会も、船舶の運航に支障を来さぬよう、引き続きサービス提供の維持に努めてまいります。社会全体において持続可能性、とりわけ脱炭素への関心が高まっています。海上輸送ビジネスにおいても、海洋汚染防止… 続きはログインしてください。

残り:667文字/全文:864文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む