Rightship webiner
 印刷 2022年01月05日デイリー版12面

新年号 コンテナ物流・港湾編】主要港最前線2021―22

 海陸の国際物流の結節点として機能する港湾のうち、国際コンテナ物流の主力となる5大港(東京、横浜、名古屋、大阪、神戸)では、港湾施設の機能強化・高度化と、利便性・生産性向上のためのハード・ソフトの取り組みが官民連携で推し進められている。各港で進むコンテナ取り扱い機能の拡充や、貨物集積に向けた取り組みを紹介する。… 続きはログインしてください。

残り:79文字/全文:158文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む