印刷 2021年12月24日デイリー版2面

豊田通商、自動車ターミナルに参画。インドネシア・パティンバン港で

 豊田通商は23日、インドネシアのパティンバン新国際港(西ジャワ州スバン県)の自動車ターミナル運営事業に参画すると発表した。取り扱い能力は年21・8万台で、2024年までに年60万台まで強化し、自動車産業が集積する同国からの輸出増加に対応する。ジャカルタ首都圏東部に位置するパティンバン新国際港は、自動車ターミナルとコンテナターミナルで構成。インドネシア政府主導で、第1期から第3期まで段階的に… 続きはログインしてください。

残り:375文字/全文:570文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む