印刷 2021年12月24日デイリー版2面

ポセイドン原則、11社で目標達成。年次報告書、日本から2社

 海運業界の脱炭素化を金融面から推進する船舶ファイナンスの国際的枠組み「ポセイドン原則」の運営協会は20日、年次報告書を発表した。開示対象の23の金融機関がそれぞれの船舶ファイナンス対象船の2020年CO2(二酸化炭素)排出量を集計し、IMO(国際海事機関)の長期目標達成に向けた貢献度を公表。今回は、日本の2社を含む11社が20年目標を達成した。前回の19年報告書では開示対象の15金融機関の… 続きはログインしてください。

残り:991文字/全文:1184文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む