印刷 2021年12月24日デイリー版3面

東京港のつどい、長期構想中間まとめを紹介。施策の方向性説明

 東京都港湾局、東京港埠頭会社、東京都港湾振興協会が主催する「東京港のつどい」が23日、オンラインで開かれた。荷主企業や物流事業者などに対し、現在検討を進める東京港第9次改定港湾計画に向けた長期構想の中間まとめの内容を紹介。同構想の背景となる東京港の現況や、今後の施策の方向性などを説明した。主催者を代表してあいさつした古谷ひろみ都港湾局長は「今夏の東京2020大会期間中は埠頭周辺の交通混雑が… 続きはログインしてください。

残り:838文字/全文:1035文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む