印刷 2021年12月23日デイリー版4面

語録採録】横浜市港湾局長・中野裕也さん、戦略港湾の取り組み 着実に進捗

「今年4月には南本牧MC―4の全面供用により、MC1―4の一体運用を開始し、施設全体を柔軟に利用できる画期的な運営を実現した」 17日、横浜市内で開かれた横浜市港湾審議会の冒頭あいさつで、2021年の横浜港の歩みを振り返った。本牧埠頭D4・D5ターミナルの一体運用に向けた再整備の進展や、新本牧埠頭の埋め立て開始などについても触れ、「審議会で審議いただいた国際コンテナ戦略港湾の取り組みが… 続きはログインしてください。

残り:119文字/全文:234文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む