印刷 2021年12月22日デイリー版2面

仏GTT、タンク設計8隻分受注。サムスン・大宇から

 LNG(液化天然ガス)タンクライセンサーの仏GTTは今月に入り、大型LNG船のタンク設計業務を韓国の大宇造船海洋から6隻分と、サムスン重工業から2隻分の計8隻分受注した。船型はいずれも17万4000立方メートル型で、メンブレン方式のLNGタンクをGTTが設計する。大宇建造の6隻のうち4隻は商船三井向けで、北極海での航行条件に適合したシステムを搭載する。商船三井がロシアのノバテクの子会… 続きはログインしてください。

残り:196文字/全文:385文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む