印刷 2021年12月20日デイリー版3面

シンガポール航空、A350F型7機導入。B747―400Fと代替

 シンガポール航空は16日、エアバスと貨物機エアバスA350F型7機の購入に向けて基本合意書を締結したと発表した。納入は2025年第4四半期になる予定で、同社は保有する貨物機ボーイング747―400FをA350Fに置き換える。これによりA350Fを運航する初の航空会社となる。同契約ではシンガポール航空がエアバスに発注済みのA350―900型2機とA320neo型15機をA350F型7機に変更… 続きはログインしてください。

残り:265文字/全文:462文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む