Rightship webiner
 印刷 2021年12月20日デイリー版4面

語録採録】商船三井常務執行役員・鍬田博文さん、海洋事業の知見 洋上風発に生かす

 「当社が浮体式の海洋構造物で培ってきた知見は、浮体式洋上風力発電に必ず生かせる」 商船三井はLNG(液化天然ガス)の洋上受け入れ基地となるFSRU(浮体式LNG貯蔵・再ガス化設備)や、FPSO(浮体式石油生産・貯蔵・積み出し設備)などの事業を手掛けている。「FSRUやFPSOは定期検査が不要な仕様を採用している。それら海洋構造物の建造・保有・運用・メンテナンスに関わる知見を生かし、洋上… 続きはログインしてください。

残り:113文字/全文:219文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む