最新版_2022年の海上コンテナ輸送(満員御礼)
 印刷 2021年12月16日デイリー版4面

記者の視点/幡野武彦】米海事法の行方、法改正に明確な意図はあるのか

 米国の超党派議員団が議会下院に提出していた海事法改正案(OSRA2021)が先週8日、賛成多数で可決された。米連邦海事委員会(FMC)の船社への監視権限強化などを盛り込んだ内容だが、その票差は364対60の圧倒的多数の賛成。同改正法の成立に向けた可能性が高まったと言える。とはいえ上院への付託はこれから。上院での委員会設置などは決まっていないようなので、正式に改正法が成立するのはまだしばらくかかる… 続きはログインしてください。

残り:1152文字/全文:1348文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む