0629webinar_aoki
 印刷 2021年12月13日デイリー版3面

日航など3社、eVTOL実証実験。米テキサス、災害時想定

 日本航空は7日、住友商事、米ベル・テキストロンと共同で米テキサス州フォートワース市で、ドローンを大型化したeVTOL(電動垂直離着陸機)「APT70」を活用し、災害時を想定した実証実験を実施したと発表した。APT70はベル・テキストロンが開発した。分散された電力推進装置を備え、最大速度時速160キロメートルで自律飛行する。航続距離は約56キロメートルで、最大で約45キログラムの輸送が可能。… 続きはログインしてください。

残り:228文字/全文:423文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む