0629webinar_aoki
 印刷 2021年12月13日デイリー版2面

国内船主の今】(293)高船価は新常態か。旧正月が試金石、発注は市況次第

 「足元の高船価が今後平時に戻るのか、それとも、今の水準がニューノーマル(新常態)として定着するのか。各船主がこの点をどう判断するかが、来年の新造船マーケットを占うポイントの一つだろう」 7日、師走の東京都内。丸の内かいわいのラウンジで取材に応じた海運ブローカーが来年の見通しを語りだした。■様子見ムード 2022年の新造船市場は高止まりする船価を巡って船主と造船所の目線が一致しにくく… 続きはログインしてください。

残り:2113文字/全文:2304文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む