0629webinar_aoki
 印刷 2021年12月13日デイリー版2面

名村造船会見、全船型で船価改善。4―9月で12隻受注

 名村造船所は2021年4―9月期で、20年度通期の新造船受注隻数8隻を上回る12隻を受注した。同社初建造となるVLGC(大型LPG〈液化石油ガス船〉)や函館どつくで竣工ベースで7年ぶりに建造するフェリーなどが含まれる。手持ち工事量は2年程度で、24年船台の営業に入った。10日に都内で開いた会見で、名村建介社長は「どの船型も船価が昨年末に比べ30%ぐらい改善した」と述べ、これに伴い受注活動はプロダ… 続きはログインしてください。

残り:620文字/全文:818文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む