Rightship webiner
 印刷 2021年12月13日デイリー版4面

記者の視点/五味宜範】舶用機関メーカー、新燃料でゲームチェンジ

 環境規制強化の動きが加速している。これまでIMO(国際海事機関)では、国際海運に従事する船舶からのGHG(温室効果ガス)総排出量を2050年までに50%削減、今世紀末までにネットゼロとすることを目標としてきた。これ自体も野心的で大変なのに、直近ではさらに早まり、50年にネットゼロにする雰囲気になっている。    ◇ 船舶に関するGHG削減では、バッテリー、太陽光発電、燃料電池、船上CO… 続きはログインしてください。

残り:910文字/全文:1101文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む