印刷 2021年12月09日デイリー版2面

現代重工G、1―10月船舶関連受注高。189億ドルで4倍に拡大

 韓国造船最大手の現代重工業グループ(現代重工、現代三湖重工業、現代尾浦造船)の1―10月の船舶関連受注高は189億ドル(約2兆1357億円)で、前年同期の3・6倍に拡大した。10月単月では、LNG(液化天然ガス)燃料のプロダクト(ケミカル)船、コンテナ船を計8隻成約した。企業別の船舶受注高は、現代重工の造船部門が3・4倍の93億ドルとなった。受注隻数は69隻で、船種別ではコンテナ船27隻、… 続きはログインしてください。

残り:480文字/全文:669文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む