印刷 2021年12月09日デイリー版1面

22年WS基準運賃、中東―日本22.62ドル。21年比9%高

 海運関係者によると、2022年1月から適用されるタンカーの基準運賃「WS(ワールドスケール)フラットレート」が決定した。VLCC(大型原油タンカー)の中東(ラスタヌラ)―日本(千葉)の基準運賃はトン当たり22・62ドルで21年比約9%高となる。前提となる燃料油価格の上昇が主因。基準運賃はワールドスケール協会(英ロンドン、米ニューヨーク)が毎年、燃料油価格や港費の変動を踏まえ、航路ごとに制定… 続きはログインしてください。

残り:321文字/全文:508文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む