Rightship webiner
 印刷 2021年12月08日デイリー版3面

アリババ、クアラルンプール発深圳向け、週3便 生鮮品輸送。チャーター便

 アリババグループの物流子会社菜鳥網絡(ツァイニャオ・ネットワーク)は今週、マレーシア・クアラルンプール発中国・深圳向けの航空輸送サービスを始めた。週3回チャーター便を運行し、毎回13トンの生鮮食品を輸送する。中国―東南アジア間の貨物便や旅客便の運航が混乱しているため、チャーター便の手配を決めた。マレーシア産のドリアンや活(い)きカニ・エビなどの特産品を4時間で輸送する。今後もマレーシア発の… 続きはログインしてください。

残り:234文字/全文:427文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む