印刷 2021年12月07日デイリー版2面

外国人船員、下船禁止を撤回。鹿島港など、物流影響 考慮

 新型コロナウイルスの感染防止の水際対策強化で、鹿島港(茨城県)などで急きょ浮上した寄港船の外国人船員の下船禁止措置が4日に取り下げられた。東京検疫所鹿島出張所関係者は「物流などに与えるインパクトの大きさを考慮し、対応を改めることにした」と語る。同措置が効力を持っていた1―3日までの間、鹿島港に寄港した邦船社運航船の中には船員交代が急きょできなくなり、交代計画の見直しを迫られる動きも発生していた。… 続きはログインしてください。

残り:337文字/全文:535文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む