印刷 2021年12月06日デイリー版3面

中国発関西向けコンテナ輸送、華南出し 逼迫感やまず

 【関西】中国発関西向けコンテナ貨物輸送の高需要が続いているが、12月に入ってからも特に華南出しでスペース逼迫(ひっぱく)感が収まっていない。物流関係者によると、本船スケジュール遅延やコンテナ不足の影響が大きいという。日本でのコロナ禍の一服で輸入需要は回復傾向にあるが、サプライチェーンの不安定感は続く。在阪フォワーダー関係者によると、混乱が続く北米向け東航に次いで、中国発の輸入でタイト感があ… 続きはログインしてください。

残り:390文字/全文:585文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む