0629webinar_aoki
 印刷 2021年12月06日デイリー版3面

国際物流の混乱長期化 見通しと対策。ジェトロ 日系企業調査。北京五輪・米西岸労使交渉を注視。遅延見越し納期設定

 日本貿易振興機構(ジェトロ)は先月、国際物流の混乱と企業の対応について世界各国・地域でインタビューを行い、結果を公表した。今後については海上コンテナの運賃高騰が解消するのは2023年以降、航空輸送もスペース不足と運賃高騰が続くとの見方が上がり、燃油価格の高騰も懸念されている。北京五輪などのイベントや北米西岸港湾の労使交渉の影響も注視が必要だという。混乱への対策としては、遅延を見越した納期設定・交… 続きはログインしてください。

残り:1272文字/全文:1470文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む