0629webinar_aoki
 印刷 2021年12月06日デイリー版2面

VL市況影響 限定的か。増産継続も 船腹供給過剰で

 OPEC(石油輸出国機構)は2日、非加盟国も交えたOPECプラスの閣僚会議で、8月からの日量40万バレル規模の段階的な増産(協調減産の緩和)を来年1月も継続すると発表した。単純計算で日量40万バレルはVLCC(大型原油タンカー)の輸送需要で月6隻分に相当する。輸送需要の回復につながるため、VLCC市況にとっては基本的にプラスだが、船腹供給量が依然多く「効果は限定的」(市場関係者)との声も聞かれる… 続きはログインしてください。

残り:455文字/全文:647文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む