最新版_2022年の海上コンテナ輸送(満員御礼)
 印刷 2021年12月01日デイリー版1面

インタビュー 海運トップに聞く 下期の舵取り】(3)川崎汽船・明珍幸一氏、業績回復 事業・投資見直しへ

 ――上期(4―9月期)は経常利益が前期比24倍の2380億円と好調、黒字転換した。どう分析・評価するか。「コンテナ船事業統合会社オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)の好業績に加え、ドライバルク、自動車船需要の回復、また昨年からの船隊適正化、航路網再編などの取り組みも奏功し、大幅な改善となった」 「自営事業の中では、市況回復の顕著なドライバルクが業績改善に最も寄与した。物流・近海… 続きはログインしてください。

残り:2017文字/全文:2208文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む