印刷 2021年11月30日デイリー版3面

川崎港、長期構想の検討始動。初回会合、課題を整理

 川崎市は29日、同市内で「川崎港長期構想検討委員会」の初回会合を開催した。同検討委では、おおむね20年先の長期的な視点に立った川崎港の将来像や、その実現に向けたハード・ソフト両面での取り組みの方向性などを検討。初回会合では同港の現況や課題などについて確認し、意見交換した。冒頭あいさつした中上一夫港湾局長は「長期構想策定に向けては、社会・経済の変化に適応した産業活動を支える港づくり▽豊かな市… 続きはログインしてください。

残り:517文字/全文:714文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む