最新版_2022年の海上コンテナ輸送(満員御礼)
 印刷 2021年11月30日デイリー版2面

日本郵船、ソルガム栽培を共同研究。石炭火力のGHG削減へ

 日本郵船は29日、出光興産、東京大学大学院農学生命科学研究科と共同で、石炭と混焼可能なバイオマス発電燃料用植物ソルガムの栽培試験に関する研究を実施すると発表した。共同研究は今年12月から2023年10月に出光興産が保有する豪州の石炭鉱山の遊休地で行い、将来的には石炭火力混焼用バイオマス燃料の製造・輸送・販売に関するサプライチェーン構築を目指す。GHG(温室効果ガス)排出削減に向けて、石炭火… 続きはログインしてください。

残り:290文字/全文:485文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む