ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月26日デイリー版2面

ヤラ、電動コンテナ船 就航。自律運航も視野に

 ノルウェー肥料大手ヤラ・インターナショナルは19日、世界初となる自律運航技術とバッテリー駆動システムを採用した120TEU型コンテナ船「Yara Birkeland」の運航を開始したと発表した。同船は2022年から商用運航に投入するとともに、本格的な自律航行の実現に向けた各種試験を実施する。電動コンテナ船「Yara Birkeland」は、ヤラがノルウェー舶用機器大手コングスベルグと共… 続きはログインしてください。

残り:351文字/全文:548文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む