最新版_2022年の海上コンテナ輸送(満員御礼)
 印刷 2021年11月26日デイリー版2面

国内の洋上風発、日本籍船増加も。カボタージュ規制などで。東京海上日動ウェビナー

 国内で洋上風力発電事業の本格化が控える中、日本籍船が増加する可能性が浮上している。東京海上日動火災保険が5日に開いたウェビナーで、「洋上風力関連船」マーケットのポテンシャル、洋上風力関連船特有の留意点についての説明があった。このほか、洋上風力発電を取り巻く保険・法律などに関する講演も行われた。マーケットのポテンシャルについて、ブルームバーグNEFの菊間一柊アナリストはカボタージュ規制を念頭… 続きはログインしてください。

残り:2292文字/全文:2489文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む