ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月26日デイリー版2面

内航21年度上期実績、貨物・油送船2桁増。19年比は5%減

 日本内航海運組合総連合会がまとめた2021年度上期(4―9月)の主要元請けオペレーター60社(運航船社)の輸送実績は、貨物船(鉄鋼など7品目)が前年同期比16%増、油送船(黒油など6品目)が12%増だった。昨年4―6月に新型コロナウイルス感染拡大の影響で鉄鋼や自動車の生産、石油需要が縮小するなど輸送需要が急減。その反動に加え、自動車向け鉄鋼輸送などが堅調で輸送量が回復した。ただ、両船種とも19年… 続きはログインしてください。

残り:369文字/全文:561文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む