ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月26日デイリー版1面

MariTech 海事未来図】川崎汽船、ラッシング資材管理を可視化。自動車船向け、IoT活用

 川崎汽船は25日、物流機器の販売を手掛けるアヴィエラン(本社・名古屋市)と共同で、自動車船の非自走貨物用ラッシング(貨物固縛)資材をIoT(モノのインターネット)で可視化する実証実験を行ったと発表した。今回の結果を基に、資材管理の高度化と業務効率の改善を目指す。アヴィエランが開発した物流IoTソリューションを活用し、9月から2カ月間、日豪航路に投入している川崎汽船の自動車船で実証実験を行っ… 続きはログインしてください。

残り:357文字/全文:548文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む