ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月26日デイリー版1面

露鉄道、欧向け通過貨物 急増。海上輸送・港湾混雑が課題。TSIOAJフォーラム

 ロシア鉄道によると、海上輸送の混乱などを背景に、アジア―欧州間など、ロシアを通過する「トランジット」の鉄道貨物が急増している。2020年は前年比4割弱の伸びとなったが、21年も同様の勢いを維持する。一方で、アジア貨物が鉄道に接続するロシア極東港湾の混雑が悪化。海上輸送のスペース不足、スケジュール遅延も課題となっており、成長が鈍化する可能性もある。◆ シベリア鉄道輸送に携わる日本のフォワー… 続きはログインしてください。

残り:2366文字/全文:2562文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む