ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月26日デイリー版4面

エクサウィザーズ、ヤマトの機械学習環境構築。モデル運用高速化で改善

 AI(人工知能)を活用したサービスで社会課題解決に取り組むエクサウィザーズ(東京都港区、石山洸社長)は17日、ヤマト運輸向けに機械学習オペレーション(MLOps)を実現する環境を構築し、機械学習モデルの一連の作成プロセスを自動化したと発表した。これにより、ヤマト運輸は月次の機械学習モデルの運用が高速化し、継続的な改善が可能になったという。MLOpsはテクノロジー企業での導入事例はあるが、大企業の… 続きはログインしてください。

残り:591文字/全文:785文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む