ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月25日デイリー版2面

韓国造船海洋、LNG焚き2000TEU型受注。CMA―CGM向け10隻

 韓国の現代重工業グループの造船持ち株会社、韓国造船海洋は23日、欧州船社からLNG(液化天然ガス)燃料焚(だ)きの2000TEU型コンテナ船10隻を受注したと発表した。傘下の現代尾浦造船が建造し、2024年9月末までに引き渡す。船主は明らかにしていないが、仏船社CMA―CGMが発注した模様。同社はLNG燃料を大型コンテナ船に積極的に採用しているが、LNG焚きフィーダーコンテナ船の建造が表面化する… 続きはログインしてください。

残り:552文字/全文:748文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む