ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月25日デイリー版2面

ウィルヘルムセン、2元燃料船の管理開始。バルカー・ガス船、22年末から

 シンガポールの船舶管理大手ウィルヘルムセン・シップ・マネジメント(WSM)は、2022年末から2元燃料エンジンを搭載したガス船とバルカーの船舶管理業務を開始する。LNG(液化天然ガス)など代替燃料の取り扱いに習熟した船員を計画的に育成し、環境機運の高まりを受けた2元燃料船の発注増加に対応する。WSMのカール・スコウCEO(最高経営責任者、写真)兼社長が24日、オンライン会見を開き、WSMの… 続きはログインしてください。

残り:547文字/全文:738文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む