ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月25日デイリー版1面

北米西岸港労使交渉、ILWU、1年延長を拒否。来年7月更改巡り前哨戦

 来年6月末に期限を迎える北米西岸港湾労使協約の更改に向けた前哨戦が始まった。米メディア大手ブルームバーグによると、使用者団体PMA(太平洋海事協会)は労働組合ILWU(国際港湾倉庫労働組合)に対して、来年7月1日から現行協約の1年延長を申し入れたが、ILWUはこれを拒否した。PMAは今月16日にILWUに対して通知した文書で、2022年7月1日から1年間、現行協約を延長することを提案したと… 続きはログインしてください。

残り:440文字/全文:633文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む