ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月25日デイリー版1面

コンテナ船社、繁忙期好調 1―9月期業績一層上振れ。旧正月明け 焦点

 主要コンテナ船社の2021年1―9月期業績が出そろった。世界的なサプライチェーンの混乱が続く中、コンテナ運賃の高止まりにより7―9月期は各社とも軒並み四半期ベースで過去最高益を記録。夏場の繁忙期となる7―9月期の好調を背景に、さらに利益を上積みした。急激に上昇したコンテナ運賃も、基本的には高止まりが続くなど軟化の可能性は少ない。需給タイトな状況は少なくとも来年の旧正月まで続くといわれているが、そ… 続きはログインしてください。

残り:703文字/全文:903文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む