ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月25日デイリー版4面

貿易手続きとインフラ構造改革】(84)国際ロジスティクスアドバイザー・平田義章「改革の経済効果」(3)、時間と貿易障害―世銀の研究など

 前回に引き続き、リードタイムの短縮による経済効果に焦点を当てる。いま、貿易と時間の関係は世界で多くの研究対象になっている。「リードタイムの延伸が2国間の貿易額を減少させる」とのコンセプトである。ここでわが国としても現行の輸出入手続きと制度を見直し、リードタイムの短縮による経済効果を探求する必要がある。◆貿易条件の変化に対応を 国際貿易に関わる売買契約は、従来の港を起点とするFOB(本船… 続きはログインしてください。

残り:1063文字/全文:1257文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む