ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月24日デイリー版1面

尾道造船、小型BC16隻受注。24年船台を完売。短納期戦略奏功、船価上昇捉える

 尾道造船はハンディサイズバルカー計16隻の受注を決めた。秋口から営業活動を再開し、国内外の船主から内定を含め、新造船燃費規制「EEDI(エネルギー効率設計指標)フェーズ3」に対応した新4万重量トン型(40型)12隻と37型4隻の受注を積み上げた。同社はドライ市況高騰を受けて今春、40型の新船型を急ピッチで開発。年前半に相当隻数を成約して以降、鋼材価格急騰に対応して営業活動を抑制し、船価をもう一段… 続きはログインしてください。

残り:1233文字/全文:1429文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む