ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月24日デイリー版1面

CMA―CGM、7―9月期純利益10倍 6400億円。コンテナ運賃高騰 享受

 仏船社CMA―CGMがまとめた2021年7―9月期業績は、EBITDA(金利・税引き・償却前利益)が前年同期に比べて約4倍の71億300万ドル(約8000億円)、当期純利益が約10倍の56億2800万ドル(約6400億円)となった。主要コンテナ航路の混乱が続く中、歴史的なコンテナ運賃の高騰が業績を押し上げた。ロジスティクス事業も大幅増益となったものの、利益の大半をコンテナ船事業が占める構造は変わ… 続きはログインしてください。

残り:490文字/全文:684文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む