ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月22日デイリー版1面

コンテナ運賃、正常化へ最短1年半。シーインテリジェンス、指標分析

 海事調査会社シーインテリジェンスはこのほど、今後のコンテナ船運賃動向に関する見通しを発表した。代表的な運賃指標CCFIの過去20年の変動を分析(グラフ参照)。運賃軟化局面では、指標は週平均0・4―0・9%ずつ下落している。現状の運賃水準に照らし合わせると、指標が「ノーマル」(正常)な状態とされる1000まで戻るには69%下落する必要があり、下落幅の大きい週当たり0・9%減のシナリオでも、最短で1… 続きはログインしてください。

残り:246文字/全文:442文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む