ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月22日デイリー版2面

日本郵船、比の河川回復に150万ドル寄付。サンミゲルと協力

 日本郵船は19日、フィリピンの大手複合企業サンミゲルが取り組む「河川回復プロジェクト」に賛同し、5年間で総額150万ドル(約1億7000万円)を寄付すると発表した。オンライン調印式に出席した郵船の長澤仁志社長は「ESG(環境・社会・企業統治)経営は日本郵船グループがサステナブル(持続可能)な企業となるための基盤であり、今回参加するプロジェクトはまさに私たちの将来の目標に沿ったものだ」と意義を語っ… 続きはログインしてください。

残り:396文字/全文:590文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む