ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月22日デイリー版2面

日造協・河西会長、「来年後半には本格操業も」。受注拡大で元請け造船所

 日本造船協力事業者団体連合会の河西良二会長(住友重機械造船協同組合理事長)は19日、東京都内で会見し、「元請け造船所の中には新造船受注を伸ばし、数年先の仕事量まで確保したところもある」などと業界を取り巻く環境を紹介した。一方で、「造船業では受注から建造までタイムラグがあり、去年から今年は厳しく、今がボトム」と説明。元請け造船所での操業が本格化する時期は来年後半との見通しを示した。業界の課題… 続きはログインしてください。

残り:527文字/全文:722文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む