ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月22日デイリー版4面

語録採録】日本海事協会会長・坂下広朗さん、GHG排出 自ら管理する時代に

 「船社がGHG(温室効果ガス)排出を管理しながら船を運航する時代に突入したと感じる」 これまでは最低限の規制値をクリアする受け身の姿勢が、環境規制対応の通念だった感もある。一方、今では「船社などがGHG削減目標に向けた計画を示すなど、自律的な取り組みが生まれてきている」と指摘する。2023年から導入される実燃費格付け制度(CII)にも触れ、「罰則はないが、GHG削減の達成度を用船の基準… 続きはログインしてください。

残り:123文字/全文:243文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む