ロシア鉄道回廊の可能性 -日本発欧州向けの新ルートへ-
 印刷 2021年11月22日デイリー版6面

九州運輸振興センター、離島航路で使用、冷凍コンテナ提供。生鮮食品など安定輸送

 九州運輸振興センターは、鹿児島県内の離島航路で使用する冷凍コンテナ6個を製作し、離島航路事業者3社へ提供した。日本財団の離島活性化活動と連携した取り組みで、同財団の支援と助成を受けている。10月29日に鹿児島新港旅客ターミナル(鹿児島市)で引き渡し式を行い、同センターの竹永健二郎理事長、離島航路事業者の代表者ら合わせて30人の関係者が参加した。離島住民への生鮮食品や冷凍・冷蔵品の安心・安全… 続きはログインしてください。

残り:424文字/全文:619文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む