印刷 2021年11月22日別版特集9面

アジア物流特集】高麗海運、新規航路開設を活発化。アフリカ航路進出も

 韓国近海船社最大手の高麗海運(KMTC、日本総代理店=高麗海運ジャパン)は、アジア域内だけでなく、アフリカやインド・中東向けサービスなど中・長距離航路のサービス拡充にも注力している。今年6月からは、スロットチャーターにより、中国、東南アジアとケニアを結ぶ新サービス「MFX」を開始した。同社初のアフリカ航路進出となる。生活必需品などを中心に、当初の想定よりも荷動きが好調で、自社船投入を視野に… 続きはログインしてください。

残り:847文字/全文:1042文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む