最新版_2022年の海上コンテナ輸送(満員御礼)
 印刷 2021年11月22日別版特集9面

アジア物流特集】近海船社、サービス拡充・新造整備続く

 日本―アジア域内航路は昨年、コロナ禍で荷動きが一時減少したが、今年は堅調な輸送需要が続いている。世界的な海上コンテナ・スペース不足が続く中、各船社は顧客対応の強化と並行し航路網の拡充を推進。輸送ニーズが堅調な東南アジア地域などを中心にサービスを拡大している。また、オンラインブッキングなどデジタルの取り組みにも注力するほか、各社とも競争力強化に向けた新造船整備も着実に進めている。韓国船社を中心に、… 続きはログインしてください。

残り:112文字/全文:225文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む