最新版_2022年の海上コンテナ輸送(満員御礼)
 印刷 2021年11月22日別版特集2面

アジア物流特集】概論】コロナ禍のASEAN、SC寸断、円滑輸送に苦慮。需要回復も 先行きまだ不透明

 ASEAN(東南アジア諸国連合)ではコロナ禍の中、主要都市でのロックダウン(都市封鎖)、港湾混雑などにより、サプライチェーン(SC)の寸断が各地で発生している。旺盛な輸送需要にもかかわらず、コンテナ不足・運賃高騰などにより、円滑な輸送手配が困難な状況が長期化しており、製造業や物流業など、国際物流に関わる日系企業はコロナ禍に翻弄(ほんろう)される日々が続く。◆労働者、工場で寝泊まり 「工… 続きはログインしてください。

残り:2384文字/全文:2571文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む